風俗求人はタトゥーが入ってても応募できるのか?

風俗求人はタトゥーが入ってても応募できるのか?

現在一部の若者などの間でファッション的な使われ方で流行っているのが、タトゥーという刺青の一種。日本では恐いことをしている人たちがしているものであり、一般の人がこれをすることはほとんどない。また風俗店のみならずサウナや温泉など、これをしている人の利用を禁止しているというところも決して少なくない。またこれをしている人は一般の職業に就くことが難しくなるなど、日本ではこれをしている人は異質であるみなされることも多い。

タトゥーはシールで楽しむのもあり

ただヨーロッパ諸国などの海外では、ファッションとして多くの人がこれをしているという国も珍しくない。有名スポーツ選手や有名俳優などが珍しいタトゥーをして、度々ニュースで取り上げられることもあるくらいだ。そして自分の大切な人の名前・自分が好きな言葉などをタトゥーとして身体に刻むという人もいる。それだけに海外ではタトゥーをすることは特に珍しいことではなく、むしろ自分の主義主張をアピールするためのツールのひとつであるという意味合いも強い。このような海外の影響を受けタトゥーをしている人は日本でも増えてきている。最近ではタトゥー専門の雑誌が登場し、身体に入れられたタトゥーを紹介していたり腕の良い彫り師を取り上げるといったこともしているようだ。ただ刺青のように背中全体に入れるもの、腕・顔など身体の一部に小さく付けるものなど様々なようだ。そしてタトゥーというのは決して身体に刻まなければいけないものではない。今ではファッションの一環としてシールを使って、あたかもタトゥーをしているように見せるものもある。

風俗求人とタトゥー

こういった文化があるということもあり、風俗で働く女の子の中にもタトゥーをしている女の子が少なからず存在する。ただその理由は人によって様々で、ファッション感覚でワンポイントのタトゥーをしている・何らかの理由から大きなタトゥーを彫ってしまったなどあると思う。お客から見るとタトゥーはどう映るか。現状ではそのような女の子を見ると、恐くて引いてしまう人が多いだろう。またそのような女の子はタトゥー以外穏やかであることも多く、その落ち着きがかえって恐く感じることもあるかもしれない。そのためホームページのプロフィールなどに、「墨有り」といった記述をして分かりやすくしているお店も多い。そして高級店になればなるほどタトゥーしている女の子の割合は少なくなる。風俗の求人を探す方はなるべくタトゥーを入れないほうがいいだろう。