風俗求人で見られる妊娠線について

風俗求人における妊娠線について

お店によっては気にされる妊娠線

妊娠線が入っている女性は、風俗店によっては気にされることもあります。女性が妊娠を経験するときにお腹や太ももなどに残る線のようなものが妊娠線です。人によって個人差はあるものの、男性に対して接客を行うときに目立ってしまうこともあります。求人を募集する風俗店の中には妊娠線があっても問題なく採用してくれるところが多いです。しかしお店のコンセプトによっては、妊娠線のある女性を採用しないところもあります。

20代前半など若い女性が揃う・学生服やメイド服などのコスプレをして接客を行うお店などがそれにあたります。妊娠線があることで、以前妊娠を経験したことが相手に伝わるのです。特に上記のようなお店を利用する男性は若くてかわいらしい女の子と遊びたいと思う人が多いので、子供を生んだ経験のある女性は敬遠されることも多いです。そのため風俗求人に「妊娠線がある女性は応募不可」と書かれていたり、面接の際に説明されることもあります。

あっても大丈夫な女性の集まる風俗求人を選ぶ


求人を募集する風俗店の中には、妊娠線がある女性でも問題なく受け入れてくれるところも多いです。ただ上でも書いたように、すべての風俗店が受け入れてくれる訳ではありません。妊娠線のある女性はNG・若い女性が多いやかわいいコスプレを着た接客を行うようなお店でそれを隠して入店しても、お客さんからクレームが来て揉めることもあります。そのため妊娠線が大丈夫か分からないお店で強引に働くのは辞めた方が良いでしょう。

ただ妊娠線があっても対して問題にならないような風俗店もあります。それはある程度の人生経験を積んだ大人の女性を積極的に採用するお店です。年齢層の高い女性が集まっているため、妊娠を経験しているのは不自然だとは思われないでしょう。ただお店のコンセプトを考えて問題がなかったとしても、程度によって断られる可能性があるので前もって確認することは大切です。

男性からの指名にも関わる


妊娠線があることで応募できない風俗求人もありますが、それと同時に男性からの指名にも関わってきます。風俗を利用する男性には色々なタイプがあり、妊婦のような女性と遊びたいと考える人もいれば、結婚・出産を経験した女性には興味がないという人もいるのです。そのため妊娠線は相手によっては好意的に受け入れられることもありますが、その逆もあることを考えておくと良いでしょう。