男性・女性の風俗求人を出す上で大切なこと

男性・女性の風俗求人を出す上で大切なこと

風俗店を経営していくうえで、店で働く従業員、店で働く風俗嬢、店を利用するお客さんのそれぞれが求める風俗店を出来る範囲で叶えてあげることが必須です。そこで、風俗店に関わる人間がどのようなことを求めているのか、それぞれの立場になり考えていきたいと思います。

店で働く男性スタッフ

風俗店で働く男性スタッフは、高額給料やかわいい女の子と仲良くなりたいという下心を持ちながら働いている人がほとんどでしょう。
なので、大卒初任給よりも多い金額を提示すれば喜び、女の子と接点を持つような飲み会を定期的に行うことで男性スタッフの士気は高まるでしょう。また、店長に限らず、従業員なら新人の女の子に研修を行えるとあれば、やる気につながり風俗店全体としてより質の良いサービスを提供することができます。

店で働く風俗嬢

風俗店で働く女の子は、お金を手っ取り早く稼ぐためか、性欲を発散するため、いい男とのつながりを求めるため、以上3つのパターンで風俗店でのバイトを始める人がほとんどです。なので、お金は固定給よりも歩合制にした方が女の子のやる気につながり、ある程度の基本プレイはお店として決めつつも女の子が自主的にやりたいプレイはGOサインを出せばより濃厚なサービスを提供することが可能です。
また、風俗店においてお金持ちや業界人といったいい男に来てもらうためには、お店自体のブランド力が鍵となるので、高級で質の高いサービスを提供するのか、安くて手軽に利用できるようなお店にするのか、コンセプトを明確にしましょう。

お店を利用するお客さん

風俗店を利用するお客はある程度ジャンルと地域を絞った上でお店を検索します。そのためSEO対策をしていないお店は、利用客の目に留まることなく廃れていくでしょう。お客さんに利用してもらうためには地域とお店の業態でお店のHPが上位表示されるようにSEO対策を施してください。一昔前は、でかい看板で客を惹きつけて利用客を増やすのが主流でしたが、インターネットが普及した近年では堂々と風俗を利用することが恥ずかしいと思っている人も多くいるので、店の入り口は大通りではなく、ちょっと入った路地に作り、集客はSEO対策で万全にしましょう。
風俗店を利用するお客さんは、それぞれ性癖を持っていますが、すべての性癖を一店舗で叶えることは不可能なので、痴漢なら痴漢、SMならSMとジャンルを一つに絞って風俗店を作ってください。