風俗求人における体入について

デリヘル・ホテヘル・ソープ・イメクラなど様々な風俗店には、本入店する前にどのようなお店であるかを判断する体験入店(体入)という制度があるお店が多い。これはそこで働くかどうかを決める重要な判断材料となるため、働くかどうか決めかねている女性にとってはありがたい制度であると言えるだろう。ただその反面体入のときの待遇や状況だけを考えて、そのまま本入店するのは危ないと言える部分も少なくないということだ。風俗求人への応募を考える人は、ここに書いたことも頭に入れておくと良いだろう。

体入はお店の客の入り・スタッフや女性との人間関係・長く働ける仕事であるかなどを総合的に判断し、自分がその風俗店で長いあいだ働くことが出来るのかを判断する期間だ。ただそのように確認すべきポイントを知ることができるのだが、それと同時に鵜呑みにできない部分もある。それはそのお店でどれだけお客に対してサービスを行い、一日にどれだけ稼ぐことができるのかという点。なぜなら体入期間中と本採用期間中では条件が変わるため、「こんなに稼げる」と思って意気揚々と入店したところ思ったほど収入が少ないという場合も少なくないからだ。それは体入期間中の女性はある意味「お客さん」として扱われ、実際に働いている女性よりも稼ぐことができる制度となっている場合も少なくないという。まずお店のホームページなどでは「新人」「業界未経験」などという記載が踊り、フリーなどで利用したお客に対しては優先的に体入の女性があてがわれる。特に若い女性が多いお店や格安店であれば、利用するお客はできるだけ経験の少ない初心な新人と遊びたいと思っている。またフリーという安い料金プランで遊ぶことができ、さらに新人の女性に割引サービスをつけている場合も多い。それだけに新人の女性が指名されることも多く、体入期間は出勤するたびに多くのお客に対してサービスを行うということになる。ただこれは必ずしも女性の魅力に惹かれて入ったお客ばかりでない。それだけに「私はお客に好かれている」といったことを考え、浮かれてしまったとしたら本入店のときに大変なことになるかもしれない。また体入期間中は給与も高くなる傾向にある。一回のサービスにおいて報酬としてもらえる金額も多く、サービスをしていない時間帯は時給として給与に加算される。ただ本入店となった後は歩合給となり一回のサービスでもらえる金額も少なくなり、お店でもトップクラスの人気嬢となってやっと体入時の金額になるという。そして当然控え室で待機している時間の給与はゼロとなる。そのため体入時の給与が継続的にもらえると思わない方が良いだろう。このようなことが起こる背景にはお店の「女性を採用したい」という気持ちの強さがある。ただ働く女性としては風俗求人に応募したお店への入店を体入時の待遇の良さだけで決めず、このような部分も考えながら働くかどうかを決めるのが良いだろう。